バングルの装着方法

お客様の中でよくバングルの装着の仕方が分からないという方がいらっしゃいます。

 

付け方が分からないので、

・入るサイズが大きい物ばかりで欲しい物が見つからない

・つける時に痛いから使わなくなった

・よく割れて壊してしまう

 

購入したお店でも店員さんが付け方を知らなかったり、

初めての購入がネットだとよく分からなかったりと。

 

せっかく購入しても使わなくなるのも、

いいなと思っていても苦手意識で敬遠したりだともったいないので用意してみました。

こちらは装着不可な位置

 

バングルを装着する時に、装着した手首部分に直接装着しようとすると、

手首はほとんどどの部分も骨なので、当たってしまいスムーズにつける事が出来ません。

スムーズな装着には写真のような硬い部位を避けてつける必要があります。

無理な装着は痛みを伴い、傷が出来てしまったり、

バングルに負荷がかかり、ヒビ割れの原因になります。

こちらは装着可能な位置

 

青い丸で囲っている部分、手首の突起状の骨の位置から

指を2本から3本分ずらした位置、写真の点線部分から装着します。

写真のように 手首を水平にし、点線の位置で腕の下側から触ると、骨とは違い柔らかく押すと凹むとおもいます。

装着の仕方ですが、

⑴手首を写真の向きに、水平にします。

⑵手首から指を2〜3本分肘側の位置にバングルを用意します。

⑶バングルを真横ではなく、少し下の柔らかい部位に押し当てます。

⑷手首を、自分の体側・内側に回してバングルに通します。

 

【バングルを動かして、外側に持っていっても装着は出来ます】

⑸腕にバングルが通ったら、手首側にズラします。

 

手首を曲げた際に、バングルが当たって痛い場合は、バングルの内径幅を調整する必要があるかもしれません。

お手持ちのジュエリーをご自分で行う場合は素材によっては割れてしまう可能性があるのでご注意くださいね。

無理せず購入店舗に相談されたほうがいいとおもいます。

正しく使えば物は長持ちします、是非大切に使っていってあげてくださいね〜😄