・革は国産のヌメ革を使用

 

ヌメ革とは植物の渋に含まれる成分のタンニンでなめした古くから皮革の代表格です。

素材自体は固く丈夫です。

太陽の光を浴びたり、素手で触ることで油がつくことで変色します。

しかし、この傷や変色自体もヌメ革の風合いとして味わいが増す素材です。

天然ですので、牛の傷やシワ・血管や毛穴の痕など自然についた特徴が表情となります。

 

 

ヌメ革はその加工法上、他の皮革に比べて繊維の目が詰まっているため非常に丈夫です。

ちゃんとケアしながら使用していれば数十年単位で使い続けることができます。

しかし、ヌメ革は表面加工がされていませんので、表面の傷はつきやすいです。

こすれたくらいでも簡単に傷がついてしまいますが、

手間暇かけて十分に染み込ませたタンニンが滲み出て来る事で傷も目立たずに味に見えてしまうくらい不思議な革です。

 

ヌメ革は、タンニンなめしによりなめされていますので、使い始めは繊維がびっしりと並んでいるため、固くゴワゴワしていますが、使い続けることで繊維がほぐれてきます。

わざと日光に当ててツヤを出したり、日焼きなどであめ色へと変化させたり、使用するごとに味のでる皮革です。

 

ヌメ革は表面になにも加工をされていないので、水に特別弱いことで知られています。

特におろしたて当初は水に濡れるとすぐにシミになってしまうので、ある程度使い込んで表面がコーティングされるまでは特に注意が必要です。水シミで色が濃くなってしまった部分は、経年変化により目立たなくなりますので、諦めなくて大丈夫です。

心配な方は最初に専用のクリームか、防水スプレーなどを吹きかけておくと対策できますが、ヌメ革は自然に使いながら

年月を重ねる事で自分だけの馴染み方、色合いになっていきますので是非楽しんでくだい。